予習と復習で徹底的にtoeic対策講座

履歴書にtoeicのハイスコアを記入することができれば就職活動でも有利になり、外資系の会社や貿易関係の仕事に転職したいときも自分の英語力をアピールできます。目的なしに勉強していてもなかなかスコアが上がらないのでコツをつかんで効率よく学習を進めることが大切です。toeic対策を行うためには予習と復習をしっかりするのが一番で、前回間違えた部分を繰り返さないように理解したり、次のステップに進む前に予習をして効率よく覚えられるようにすると短期間でもレベルアップを目指せます。toeic対策講座を受けるときも、毎回予習をしておいたり、講座が終わったあとの復習を忘れないようにするのがポイントです。目標スコアを決めたら毎日の努力を積み重ねて、しっかり英語力が身につくように頑張りましょう。

理解を深めるために欠かせない予習

toeic対策講座を始めても、毎回何も準備をしないでレッスンを受けているとなかなか上達しません。特に自宅で行う通信講座や教材を使うタイプの講座だと予習をする必要性が感じられず、いきなり新しいステップに進もうとして挫折することがあります。どんな対策講座でも新しい項目に入る前に全体に目を通して、これからどんなことを勉強するのか予習しておくと理解度が全く違ってきます。新しい単語を調べておいたり、気になるフレーズをピックアップして覚えたりするだけでも読解力やリスニング力がついてスムーズに次のステップに進めます。自宅学習だと予習を忘れてしまいがちですが、わずか数分でもいいので単語を辞書で調べたり簡単な準備を行ってから勉強を始めると実力アップにつながります。

レッスンや試験のあとは復習が必須

1つの項目を勉強し終わったり、レッスン終了後には復習をするのも大切です。その日覚えたことを再確認したり、次の日になって忘れかけたころもう一度見直しをすることで記憶をしっかり頭に残して本当の実力をつけることができます。復習をしないとせっかく習ったことも数日で忘れてしまい、また最初からやり直しになってしまうのでなかなか上達しません。実際にtoeicの試験を受けたあとや、toeic対策講座の模擬試験を行ったあとでも復習をして間違えた部分を理解したり、わからなかった単語の意味を調べたりすることで次回のスコアアップにつながります。復習をしないと次も同じ部分を間違えたり、いつまでも単語の意味が分からず困ってしまうので、徹底的に調べてしっかりと対策を行いましょう。